触手のマッサージ屋さん!?~ぬるぬるほぐれて、キモチいい…

触手のマッサージ屋さん!?~ぬるぬるほぐれて、キモチいい…のネタバレ・感想【ツクモカヅキ】

触手のマッサージ屋さん!?~ぬるぬるほぐれて、キモチいい…【ツクモカヅキ】

触手のマッサージ屋さん!?~ぬるぬるほぐれて、キモチいい…のネタバレ・感想です。

ツクモカヅキのエロ漫画作品。

リンク先「触手のマッサージ屋さん」で検索

触手のマッサージ屋さん!?~ぬるぬるほぐれて、キモチいい…|ツクモカヅキ

まんが王国で読む

BookLive!コミックで読む

無料で試し読みができる

触手のマッサージ屋さん!?~ぬるぬるほぐれて、キモチいい…のネタバレ

「あっ!あぁん!♡」

店の外まで響きわたる喘ぎ声…

 

「あぁ~~~~~~~~♡」

「噂通りスゴク気持ちよかったです」

「ありがとうございました~」

 

ここは安藤整体。

マッサージで女性たちの身体を癒す場所。

繁盛するようになったのは、つい最近の話だ。

 

数カ月前に遡るーーー。

路地裏を歩いていると、猫の形をしたスライムが襲いかかってきた。

「殺されたくなきゃ人間のメスを寄越すニャ」

そんなことがあってから謎の猫と関わることになった。

 

ある日、エステサロン志望の女の子が店を訪れた。

「今日こそマッサージを教えてください!」

「愛梨さん…何度も言いますけどウチの技術は極秘ですから教えるわけには…」

「じゃあ私にもう一度マッサージしてください!」

 

真剣な眼差しの彼女を裏切れず施術をすることになった。

専用の下着に着替えさせると、あまりの大きさにおっぱいが零れ落ちそうだ…。

 

「施術中は絶対に外さないでくださいね 約束ですよ」

彼女に念を押して、アイマスクを渡した。

 

「ではマッサージを開始しますね」

うつ伏せになった愛理の胸元やお尻を念入りにマッサージしていく。

「はぅん!!あっ♡」

 

こんなエロい声聞きながらだと・・・

マッサージどころではない・・・!

 

「では、これから特別なマッサージをします」

安藤は猫に視線を送った。

液状の触手が愛理の下半身に手を伸ばす。

 

アイマスクがズレてる・・・!

ちょっと見るくらいならいいよね?

今日こそ、マッサージの正体を突き止めてやる!!

 

愛理は下半身の方に顔を向けると・・・

「なっなにこれぇ・・・!!」

謎の生物を見て驚愕していた。

「見られたなら仕方ないニャ」

 

触手は愛理の全身を包んでいく。

やがてブラやパンツも剥がされ、おっぱいが放り出される。

 

「やだァ見ないでェ・・・」

愛理は股を無理やり開かされ、安藤の前にマンコが現れた。

触手でクリを集中して攻め続ける。

 

ヌルヌルするのに、そこ弄られると感じちゃう…!

ダメっそれ以上は・・・!

「やぁあああああああああ♡」

 

その光景を見た安藤。

「くそっ止めなきゃダメなのにっ!」

「そんな姿見せられたら俺・・・!!」

触手のマッサージ屋さん!?~ぬるぬるほぐれて、キモチいい…の感想

触手の猫恐るべし・・・!

この子にかかったらどんな女の子もイカされてしまいます。

愛理ちゃんもマッサージ中に喘ぎまくっててエロいですね。

こんな姿見ちゃったら、たまらず犯してしまいますよ!

リンク先「触手のマッサージ屋さん」で検索

触手のマッサージ屋さん!?~ぬるぬるほぐれて、キモチいい…|ツクモカヅキ

まんが王国で読む

BookLive!コミックで読む

無料で試し読みができる